お問い合わせ・資料請求はこちら
  • 高卒認定試験とは?愛知県・名古屋市の受験生に解説

    愛知県・名古屋市の高卒認定試験について

    高卒認定試験については、文部科学省や愛知県のウェブサイトに
    まとめられていますが、こちらをよりわかりやすく解説するページです。
    特に愛知県・名古屋市で受験を考えている方に向けて解説します。

    まず「高卒認定試験」って?

    「高卒認定試験」は、正式名称を「高等学校卒業程度認定試験」と言います。
    略して「高認」と呼ばれることも多いですね。
    一昔前は「大学入学資格検定(大検)」と呼ばれていました。

    高卒認定試験は、「高等学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうか」を認定するための試験です。
    とはいうものの、誰が受けるもので、合格するとどんな効果があるのでしょうか?
    1つずつ簡単に見て行きましょう。

    誰が受けるの?受験資格について

    まずは、受験資格について。これは下記のようにまとめられています。

    ・受験しようとする試験の日が属する年度の終わり(平成28年度試験については、平成29年3月31日)までに満16歳以上になる人
    ※高校卒業者や大学入学資格検定・高等学校卒業程度認定試験合格者など、既に大学入学資格を持っている方は受験できません。

    要約すると、中学を卒業された年齢以上の方で、まだ高校を卒業していない・高卒認定試験に合格していない方は受験することができます。なので、年齢としては高校1年生(16歳)であっても受験・合格することが可能なのです!
    例えばこんな方々です。

    • 中卒の人
    • 高校を中退した人
    • 高校には在学しているが、通学していない人(不登校の人)

    合格するとどうなるの?

    高卒認定試験に合格すると、下記のことが可能になります。

    合格者は大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職、資格試験等に活用することができます。

    要約してみましょう。通常、大学などを受験するためには、高校を卒業している必要があります。
    しかし、高校に通わずとも、この高卒認定試験に合格することで、大学・短大・専門学校などに受験することが可能になるのです。
    逆に言えば、大学などへの進学を考えている方は、高校を卒業するか、高卒認定試験に合格するか、そのどちらかが必要になるというわけです。

    また、「就職・資格試験等に活用することができる」という部分について説明しましょう。
    高卒認定試験に合格すると、就職の際の履歴書に、その旨を記載することができます。また、地方自治体・民間企業の一部から高校卒業者と同等に扱われるようになります。

    また、国家試験や国の採用試験への受験資格が与えられます。
    保育士・幼稚園教員の試験や、国家公務員採用試験(一般職)などの受験が可能となるのです。

    実施時期

    高卒認定試験は年2回、4月と7月に行われています。
    それぞれ願書の配布から合格発表まで、下記のスケジュールで実施されます。
    ■平成28年度(2016年度)の実施スケジュール

    第1回(4月)の実施スケジュール

    受験案内 平成28年4月5日(火曜日)配布開始
    出願期間 平成28年4月20日(水曜日)~5月10日(火曜日)※5月10日(火曜日)の消印有効
    試験日 平成28年8月3日(水曜日)、8月4日(木曜日)
    結果通知 平成28年8月30日(火曜日)発送予定

    第2回(7月)の実施スケジュール

    受験案内 平成28年7月21日(木曜日)配布開始
    出願期間 平成28年9月1日(木曜日)~9月15日(木曜日)※9月15日(木曜日)の消印有効
    試験日 平成28年11月5日(土曜日)、11月6日(日曜日)
    結果通知 平成28年12月2日(金曜日)発送予定

    受験の案内開始からおおよそ4ヶ月のスパンで動いていますが、
    案内開始から出願期間までなどが1回、2回でそれぞれ違うため、しっかりとしたチェックが必要です。

    受験科目について

    合格に必要な科目は、8~10科目です。
    必要な科目数は公民系科目・理系科目の選択の仕方で変わります。
    一覧にすると、下記のようになります。

    教科 試験科目 合格要件
    国語 国語 必修
    数学 数学 必修
    外国語 英語 必修
    地理歴史 世界史A 2科目のうち1科目選択
    世界史B
    日本史A 4科目のうち1科目選択
    日本史B
    地理A
    地理B
    公民 現代社会 ●どちらかを選択
    現代社会1科目 または 倫理、政治・経済の2科目
    倫理
    政治・経済
    理科 科学と人間生活 ●どちらかを選択
    ・「科学と人間生活」と「物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎」から1科目の計2科目
    ・「物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎」から3科目
    物理基礎
    化学基礎
    生物基礎
    地学基礎

    国語、数学、英語は必修ですが、社会化系・理科系科目は自分で受験科目を選択することができます。
    この選択の仕方がややこしいので、表を見てよく理解してくださいね。

    合格の条件について

    国・数・英・歴史・公民・理科、それぞれの試験に合格することで、高卒認定試験の合格となりますが、
    一度にすべての試験に合格する必要はありません!
    一度合格した試験の成績は次に引き継ぐことができます。何回に分けて受験し、すべての科目に合格すればオッケーなのです。
    (例.1回めの試験で国語が合格できれば、2回めの試験では国語はパスできる)

    ただいま更新中です・・・